石倉三郎 出演舞台

新派特別公演「八つ墓村」

<<公演内容>>

【みどころ】
社会現象を巻き起こした「八つ墓村」が、新派の舞台で甦る。
“八つ墓村”で巻き起こる不可解な連続殺人ーーーーーー
名探偵・金田一耕助が辿り着く、その衝撃の結末とは?!
令和版『八つ墓村』の幕が、開く!!

「八つ墓村」は、横溝正史による「金田一耕助シリーズ」のひとつとして雑誌「新青年」「宝石」で連載され、1971年に角川文庫から刊行。77年に松竹で映画化され、社会現象を巻き起こし大ヒットいたしました。
この超大作娯楽作品の舞台化に挑むのは、人の心の機微を繊細に描く劇団新派。『犬神家の一族』(横溝正史)をはじめ、近年『黒蜥蜴』(江戸川乱歩)や『京都 都大路謎の花くらべ』(山村美紗)といった名作を次々に上演してきました。
本作では、巧妙なトリックと耽美ロマンの世界が融和した原作の魅力はそのままに、映画の世界観を印象付けた芥川也寸志の音楽を挿入曲として使用。戦国時代から続く怨念、妖異性に富んだ事件と謎解き、そして数奇な運命のもとに生まれた青年の物語を、繊細かつ大胆に、劇団新派がお届けいたします。

【あらすじ】
戦国時代―――とある山中の村はずれに、八人の落ち武者が住み着いていた。しかし、報奨金に目がくらんだ村人たちのだまし討ちに合い、「末代まで祟ってやる」という呪いの言葉を遺して殺されてしまう。
その後、だまし討ちの首謀者である田治見庄左衛門が発狂し、村人7人を手にかけ自殺するという事件が起こる。村人はこれを八人の落ち武者の祟りだと恐れ、亡骸を丁重に葬ったことから、村は“八つ墓村”と呼ばれるようになった。
そして四百年の時が流れ、現代―――身寄りのない寺田辰弥は、自分が田治見家の血縁であることを知らされる。迎えにきた森美也子の案内で導かれるまま八つ墓村へ向かうと、辰弥の大伯母に当たるという田治見小竹・小梅の老姉妹に跡取りとして歓待される。しかし、辰弥の帰郷と同じくして村では再び殺人事件が巻き起こる。

果たして事件は祟りなのか・・・金田一耕助による謎解きの真相は・・・?!
<<公演スケジュール>>
【公演日程】
2020/02/16(日)~2020/03/03(火) 千穐楽

【公演日・開演時間】
02月16日(日) 11:30
02月17日(月) 11:30 / 16:30
02月18日(火) 11:30
02月19日(水) 11:30 / 16:30
02月20日(木) 11:30 / 16:30
02月21日(金) 11:30
02月22日(土) 11:30 / 16:30
02月23日(日) 11:30 / 16:30
02月24日(月) 11:30
02月25日(火) 11:30 / 16:30
02月26日(水) 11:30 / 16:30
02月27日(木) 11:30
02月28日(金) 11:30 / 16:30
02月29日(土) 11:30 / 16:30
03月01日(日) 11:30
03月02日(月) 11:30 / 16:30
03月03日(火) 11:30
<<チケット>>

【ご観劇料(税込)】
1等席:12,000円
2等席:8,500円
3階A席:4,500円
3階B席:3,000円
桟敷席:13,000円

【団体のお申し込み・お問い合わせ】
03-3541-2111(販売課まで)

【チケット発売】
販売期間:
2019/12/22(日)10:00〜

【チケット取り扱い】
◆松竹
0570-000-489(ナビダイヤル)
チケットWeb松竹

◆チケットぴあ
0570-02-9999(Pコード:498−169)
チケットぴあ

◆e+(イープラス)
イープラス

◆ローソンチケット
0570-000-407(Lコード:35762)
ローチケ

◆CNプレイガイド
TEL:0570-08-9999
CNプレイガイド
<<会場>>
<<公式サイト>>
公演内容等は予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。
詳細は、下記公式サイトにてご確認をお願いいたします。

公式サイト